複数回嚥下

複数回嚥下の動画

複数回嚥下の概要

複数回嚥下の方法 食べ物や飲み物を摂取する際、一口に対して何度も嚥下します。
複数回嚥下、どんな人に必要? 口の中やのどに、食べ物や飲み物が残ってしまう方。
複数回嚥下の意義 一回の嚥下では、口の中やのどに、食べ物や飲み物が残ってしまう方に有効な方法です。
高齢者や嚥下障害がある方は、一回の嚥下で全てを送り込むことができず、口の中やのどに嚥下したものが残ってしまうことが多くみられます。早く食べようと次の一口、次の一口と摂取すると、むせや誤嚥に繋がりますし、結果的に食事に時間がかかってしまいます。
嚥下障害がない健常者であっても、この複数回嚥下は無意識的に行っているようです。

関連する嚥下対策はこちら!

嚥下チェッカーは、食事場面の観察から嚥下障害の可能性を提示し、誤嚥を予防することを目的に作成されたサイトです。結果に関わらず気になる症状があれば、医師または歯科医師に相談してください。
また、本サイトで提示しているトレーニングは、摂食嚥下機能訓練を行う際に選択される一般的なものを採用しています。実施に際しては、専門家と相談のうえ行うようにしてください。