頬トレーニング

頬トレーニングの動画

頬トレーニングの概要

頬トレーニングとは 頬トレーニングとは、頬の機能を維持・向上させるため、筋力増強訓練や可動域訓練を行うプログラムです。
頬トレーニングの方法 ①頬を歯に押し付けるように強くすぼめて数秒間保持します。次に口角をギュッと横に引きます。5秒間保持を3回程繰り返します。
②口の中に空気をためて、風船を作る時のように頬を膨らませます。5秒間保持を3回程繰り返します。

※どちらも口を閉じたまま行って下さい。
頬トレーニング、どんな人に必要? 飲み込んだ後、口の中(特に頬と歯の間)に食べ物が残っている方や、飲み込むまで時間がかかる方。
頬トレーニングの意義 食べるという動作には唇・舌・顎・ノドなど様々な器官が協調して働く必要性があります。その中には頬の筋肉も含まれており、重要な役割を担っています。頬の筋力が低下すると口腔内で食物のコントロールが出来ず、うまく噛んで食物をまとめることが難しくなったり、口腔内を狭めて圧力を高めることができず、食べ物を送り込むことが難しくなります。頬と歯の間に食物が残るなどの症状はこのようなことが原因となって起きています。

関連する嚥下対策はこちら!

嚥下チェッカーは、食事場面の観察から嚥下障害の可能性を提示し、誤嚥を予防することを目的に作成されたサイトです。結果に関わらず気になる症状があれば、医師または歯科医師に相談してください。
また、本サイトで提示しているトレーニングは、摂食嚥下機能訓練を行う際に選択される一般的なものを採用しています。実施に際しては、専門家と相談のうえ行うようにしてください。